Bo

Search for Opportunities

Bo Lan


Outsourcing Management Analyst

 

Lanの人生哲学はシンプルです。日々新しいことを学び、心地よい場所にとどまらず、未知との闘いに挑む貴重な機会を逃さないことです。

これは、彼女が子どもの頃に自動車事故で片脚を失ってから、新しいことを学ぶ以外に選択肢がなかった数十年間に磨きあげてきたモットーです。そして、これはまさに、彼女がJ.P.モルガン北京支店の業務で日々心がけていることです。

あなたにとって成功とは?

私にとって最も優先順位の高いものは常に家族です。家族には幸せで健康でいてもらいたいですしし、家族(特に母と息子)とはなるべく多くの時間を一緒に過ごしたいといつも考えています。仕事をする上での目標は、同僚が私を支えてくれるように私も同僚を支えることです。また、専門的なスキルを磨き、キャリアアップのチャンスをつかめるように頑張っています。

人生で誰から最も大きな影響を受けましたか?

母です。私は9歳の時、学校からの帰り道、バスにはねられました。医師たちは私の命を救うため、私の片脚を切断しなければなりませんでした。私は3年間で4度の手術を受け、手術が終わるたびに長く辛いリハビリ生活を送り、3年間ほど入院していました。家族と祝日を祝うために家へ帰ることもできず、その間はほとんど学校にも行きませんでした。

当時、私は外出したくありませんでした。障がい者という私の新しいアイデンティティを受け入れたくなかったのです。でも、母はそうしたことや、その当時私が他に抱えていたとても多くの困難を克服する後押しをしてくれました。母は、盲ろう者で初めて学士号を取得したヘレン・ケラーや、聴覚を失った後、亡くなるまでの10年間に最も有名で偉大な幾つもの作品を残したベートーベンのように、偉業を成し遂げる努力を続けた障がいのある人たちの話を繰り返し聞かせてくれました。

また、母は私のために先生に授業を録音してもらい、病院でそれをウォークマンで聞けるようにしてくれました。母は私が現実に向き合うよう励まし、困難を克服するために精一杯手を差し伸べてくれました。

あなたがこれまでに受けたアドバイスの中で最も貴重なものは何ですか?また、そのアドバイスは誰からもらったものですか?

今の上司は、より戦略的に考えることを教えてくれました。私は答えを出すべき問題があれば、その問題を個別に考えるのではなく、より大きなプロセスにおいて、その問題がどのように当てはまるのかと考えることを学びました。また、上司はどのような問題でも根本的原因の解決に集中することも教えてくれました。そして、より持続可能な方法で問題を解決するよう励ましてくれました。おかげで、私の専門的スキルは向上し、現在の仕事に役立つだけでなく、私の将来に向けて強い基盤を築く助けにもなっています。このような素晴らしいマネージャーに恵まれたことは、とても幸運だったと思っています。

あなたがこれまでに乗り越えてきた最大の困難は何ですか?

先ほどお話した通り、私は片脚を切断しているので、それに適応するのが非常に難しいことでした。でも、今は歩みを止めなかった自分を誇りに思っています。約3年間を病院で過ごしましたが、クラスメートに遅れをとることなく、予定通り学校を卒業することができました。

また、私が水泳を習ったのは、障がいを持ってからです。私はこれ以上チャレンジする気にならなかったので習いたくなかったのですが、母は水泳で私の体だけでなく心も鍛えられると考えて、励ましてくれました。私は水泳が好きなことに気づき、ついには北京の障がい者水泳チームのメンバーになりました。

片脚がないので、バランスをとって正確に泳ぐことが難しく、義足が邪魔でした。でも、水泳を習ううちに、他の障がい者アスリートたちが記録更新に挑んでいる姿を目にしました。ゆっくりですが確実に、私は自信を取り戻し始めて、周囲の人たちに励まされ刺激をもらっているように感じました。障がいがあっても、こんなことができるということを証明したかったのです。

たくさんの練習を重ねて、私は全国レベルの競技に参加するようになりました。大きな大会に参加する前には何ヵ月も練習に励みました。まだ学校の授業をこなす必要もあったので、本当に大変でしたが、結果的には報われました。水泳が上達するにつれ、自分の競技部門でランクが上がり始めました。全国大会では200メートル・フリースタイルで3位になり、その他の3つの大会にも続けて出場し、そのうち1つで私は自己ベストの記録を出しました。400メートル・フリースタイルと100メートル・バタフライの決勝では1位になり、金メダルを獲得しました。さらに、障がい者の水泳選手に贈られるスポーツ・モラリティ賞までいただきました。非常に優れたアスリートの代表として、英国のトニー・ブレア元首相夫人にもお会いしました。

現在、テレワークですか、オフィス通勤ですか、それともその併用ですか?

私は出社する方が好きです。人と顔を合わせて仕事をしたいですし、インターネット環境はオフィスの方が快適なので、私は会社で仕事をする方が効率的に働けると思います。

楽しいと思うことは何ですか?

時間があれば、J.P.モルガン・ボランティア・リーダーシップ・グループにも参加します。その活動では、白血病や口唇口蓋裂の治療で入院している子供たちとの読書会を企画して参加しました。私がそうだったように、幼い時に災害や病気で苦しむ子供たちにとって、本や思いやりは大きな励みになると思っています。こうした活動は子供たちが病気によるネガティブな影響を克服する力になるのです。

また、私は障がい者の権利について意識を高める活動にも楽しんで参加しています。国際障がいフォーラムで講演をしたことがあるのですが、皆違いはあっても、誰もが人間であるということをいつも強く訴えています。私たちは「障がい」ではなく「人」に重きを置く必要があります。私は自分の違いを受け入れるだけでなく、その他の人たちの違いをどのように受け入れるかについても学びました。

何よりも、私が一番幸せを感じるのは家族と一緒にいる時間です。母はアルツハイマー病を患っていて、毎週会いに行くようにしています。母は私が子どものときに沢山の愛を与え、支えてくれました。いつも私の背中を押し、私に降りかかった困難を克服できるよう支えてくれました。今度は私がその恩返しをする番なのです。